Cron利用可能レンタルサーバー

ホームページ自動更新に便利なCron

Cron機能を用いると、一定期間ごとにプログラムを実行でき、最新情報の表示などホームページ自動更新に便利です。

注意※このページは、ある程度知識のあるかたを対象にしています。 サーバについて良く知らない方は初心者向けレンタルサーバの選び方をごらんください。

Cronとは

Cronとは、あらかじめ指定した日時にスクリプトを実行する機能のことです。 サーバー管理用(ログの更新やチェック等)に使われることが多いですが、ホームページの情報を更新するのにも用いられます。 例えばブログツール MovableType では、cronを利用して予約投稿を行うようになっています。

Cronは、サーバー管理に便利な機能なので、ほとんどのサーバーで利用できます。 ただし、サーバー負荷の観点から、共用レンタルサーバーでは一般ユーザーにCron利用を許可していないこともあります。

Cronの使い方

管理画面でcron設定できるレンタルサーバーも多いですが、ここでは汎用性の観点から、設定ファイルを直接編集する方法を解説します。

SSH(またはtelnet)にてサーバーにログインし、コマンドラインから crontab -e と入力してください。

一行に「分」「時」「日」「月」「曜日」「実行コマンド」の順に設定します。 曜日は0〜6で設定します(0が日曜日、1が月曜日の順)。 指定しない場合には「*」を入力します。 「/」で実行間隔を指定できます(下の例参照)。 例えば、以下のように設定します。

10 2 1 * * /home/cron.sh #毎月1日2:10に実行
20 5 * * 1 /home/cron.sh #月曜日5:20に実行
0 0-23/4 * * * /home/cron.sh #4時間毎に実行

なお、crontab -e コマンドでは、viエディタを用いて編集することが多いです。 viエディタはほとんどのサーバーで標準となっているので、サーバー管理では良く使うテキストエディタです。 viの使い方は、viでサーバーのファイルを編集するをごらんください。

Cronが使えるレンタルサーバー

Cronが使えるレンタルサーバーを紹介しています。

エックスサーバー
容量 5GB、マルチドメイン、メールアドレス無制限のレンタルサーバです。 初期費用3,150円、年間12,600円、ドメイン取得1,575円です。 CGI、PHP、SSH、共用SSL、MySQL利用可能です。 PHPとMySQLはバージョン4と5から選択できます。
さくらインターネット
初期費用1,000円、年間5000円で利用できるレンタルサーバです。 seesaaブログをベースにしたさくらのブログ(サンプルはマリンエアをごらんください)が利用できます。 容量3000M、独自CGI(Perl、Ruby、PHP)、SSI が利用できます。 メールはウイルスチェック機能付きで、独自ドメインもオプションで対応しています(年1,800円から)。電話サポートがあるので、初心者も安心して利用できます。
SPPDレンタルサーバー
容量300M、メールアドレス無制限、初期費用3,150円、年間11,550円〜のサーバです。 ブログプログラムppBLOGを標準装備しているので、簡単にブログを利用することができます。MovableType, tDiary, Nucleus などもインストールできます。
マルチドメイン対応、ビジネス仕様 高性能レンタルサーバー 【シックスコア】
容量30Gで初期費用6,300円、月1,890円からのレンタルサーバです。 PHP5、MYSQL5が利用可能です。PHP高速化設定対応。 独自ドメインは年1575円〜です。
株式会社CPI
月額3,990円から利用できるサーバーです。 ディスク容量2.5GB、固定IPアドレス1個独占、SSL対応、ショッピングカート設置可能。 XOOPSやosCommerceなどがコントロールパネルからインストールできます。

サーバも自由にカスタマイズしたい方は、VPSサーバをごらんください。

新着記事
人気記事ベスト3
全てのホームページ製作者に
アフィリエイトで稼ぐ方法
サーチエンジン最適化
携帯サイトの作り方
レンタルサーバの選び方
ホームページ作成ソフト
パソコン便利グッズ