VPSサーバ

VPSサーバとは

VPSとは、virtual private serverの略で、物理的には1台のサーバを複数の利用者で共有しますが、個々の利用者に仮想ルート権限(サーバ管理者の権限)が与えられるので、ソフトウェアやプログラムの設定が自由にできます。 またメモリや転送量などのリソースも、利用者毎に割り当てられるので、他の利用者がランキングサイト等重いプログラムを実行しても、自分のサイトも重くなってしまう、ということがありません。

VPS サーバには、共用サーバでは利用できない重いプログラム(ゲームやランキングサイトなど)を利用したり、 複数のドメインを運用したり、といったメリットがあります。

VPSサーバの紹介

VPS サーバを提供しているホスティング会社の紹介です。

さくらのVPS
容量20GB、メモリ512MBで、初期費用0円、月980円と破格です。 コントロールパネルからコンソール操作できるのは秀逸。 Cent OS 5 のみ対応。グローバルアドレス 1 個。 回線100MB共有なのがネックかもしれません。
PLESK8搭載VPS「ServerQueen」
容量20GB〜、メモリ512MB〜で、初期費用7,350円、月1,470円〜と VPS サービスでは破格です。 Cent OS 5 のみ対応。またPLESKはオプション(有料)となります。
面倒な事はおまかせ!@YMCの「マネージドサーバー」月額3,675円〜
容量10GB、占有メモリ256Mで月額3,675円からです。 MovableType、XOOPS、OpenPNE、SOYCMS、NetCommons、EC-CUBE、Zen cart 自動インストールサービスが利用できます。
スピーバー
RedHat Linux 使用のレンタルサーバです。 容量は 30GB で月額6,300円からです。
WebARENA SuitePRO
NTTPCのVPSサービスです。バックボーンが大きいので、画像や動画の表示速度を重視する方におすすめです。 月8,820円のプランで、容量40GB、OSは CentOS4/5 が選択可能です。
ラピッドサイトホスティングサービス
Xeon Dual、メモリ2G、バックボーン34Gのサーバの VPS サービスです。 OS は FreeBSD です。 容量1.25GB〜で月額15,750円から(1年契約の場合)利用できます。 データは RAID で保護する他、定期的にバックアップされます。 Urchin5, Movable Type, Xoops, os Commerse, phpMyAdmin が標準で利用できます。

専用サーバ

VPS サーバでも物足りない方には、専用サーバを紹介します。 サーバ1台丸ごと利用できるので、 制約を気にせずサイト運営ができます。

マイティーサーバー
初期費用69,800円〜、月額9,800円〜の専用サーバです。 CPUは AMD Geode NX または Intel PentiumIV が選択可能です。 メモリ512MB〜、ハードディスク80GB〜でカスタマイズ可能です。 OS は Redhat 9 または Fedora Core 2 が選べます。 コントロールパネルは Plesk または Webmin が選べます。 osCommerce, MovableType, XOOPS, phpGroupWare, PhpMyAdmin がワンクリックでインストール、利用できます。
株式会社CPI
CeleronM1.4G、メモリ512M、HDD80Gミラーリングで月額25,200円からで利用できる専用サーバです。 OS は安定性に定評のある FreeBSDを採用しています。 ショッピングカートストアカート(商品1000点まで)やグループウェアペンギンオフィス2が標準で利用できる上、セキュリティ対応やメンテナンスは運営会社に委託できるので、サーバー管理知識が無くても専用サーバーを利用できます。
アイルホスティングサービス 専用サーバプラン
CPU(Pentium4, Xeon)、OS(linux, windows)、メモリ(512M〜)、 管理ツール(PLESK, HDE Controller, Webmin, IIS)が選択できる専用サーバです。 月額24,900円から利用できます。 24時間監視、セキュリティアップデートなど、 運用面も安心です。 アイルホスティングが運営する通販モール出店料が無料になります。
新着記事
人気記事ベスト3
全てのホームページ製作者に
アフィリエイトで稼ぐ方法
サーチエンジン最適化
携帯サイトの作り方
レンタルサーバの選び方
ホームページ作成ソフト
パソコン便利グッズ