海外サーバー

低コスト高性能

海外レンタルサーバーは、日本のレンタルサーバーと比較すると低価格で高機能のことが多いです。 カジノ運営等、日本で禁止されている内容のサイトは、許可されている国のサーバーで行うようにしましょう。

海外サーバーのメリット

コストパフォーマンス
同価格の国内サーバよりも高性能のことが多いです。
サーバー負荷ピーク時のずれ
国内サーバーは日本からのアクセスが大半で、ネット閲覧が特定の時間帯に集中します。海外サーバーは日本と比べると偏りが少ないです。
法律の差
オンラインカジノ等、日本国内で認められていない内容のものでも、国によっては認められています。アメリカの場合は州ごとに異なります。
IP分散
複数サーバーを借りる場合、IPアドレスを異なるものにしたほうが、SEO対策上好ましいという意見があります。

※上記はあくまで典型的な例です。当てはまらないケースもあります。

海外サーバーのデメリット

日本からの通信の快適性
物理的に遠い日本からアクセスする場合、中継点が多くなるため、エンドユーザーからはレスポンスが悪く感じる可能性があります。
英語力が必要
申込を始め、サポート等も当然英語です。商取引の習慣が日本と異なることにも留意しましょう。
短期間だと割高
年間契約と比較すると、月単位の契約はかなり割高に設定されていることが多いです。価格メリットを享受するには、長期間の契約が必要になります。

※上記はあくまで典型的な例です。当てはまらないケースもあります。

激安海外サーバー比較

DayanaHost
激安サーバーです。Say5starterプラン(容量100MB、転送量3GB/month)なら年$9.99と破格です。 Perl、PHPが利用可能です。MYSQLも利用できるので、WordPress等のブログツールインストールもOK。アクセス解析Webalizer、Awstatsが用意されています。 ヘビーユーザーには専用(dedicated)サーバーもあります。 ドメイン取得費用は年$12.95〜です。
HOSTMONSTER
容量無制限、CGI、PHP、Ruby(RoR)はもちろん、SSHとCRONまで利用できます。MySQL、PostgreSQLも100個まで利用可能です。アクセス解析はWebalizer、AWSTATSが利用できます。 ドメイン取得費用込年$83.4(初期費用無料)です。
Lunarpages
容量無制限、CGI、PHP、Python、Ruby(RoR)はもちろんですが、MySQL、PostgreSQLが無制限に利用可能です。SSHもオプションで利用可能です。アクセス解析はWebalizerが利用できます。 ドメイン取得費用込年$83.4(初期費用無料)です。 アダルトサイト運営は米カリフォルニア州の規定に従ってください。
NewGenerationHosting
容量500MBから、転送量10GB/月から、CGI、PHP、Python、Ruby(RoR)はもちろんですが、MySQLが容量の範囲内で無制限に利用可能です。Cron利用可能、SSHもオプションで利用可能です。アクセス解析はAWSTATSが利用できます。 初期費用無し年$14.95から利用できます。ドメインは年$9.95(.comの場合)からです。 インドの会社が運営しています。

海外のレンタルサーバーは、期間限定割引サービス等を実施するケースも良くあります。 ホスティング会社のページで確認してください。

新着記事
人気記事ベスト3
全てのホームページ製作者に
アフィリエイトで稼ぐ方法
サーチエンジン最適化
携帯サイトの作り方
レンタルサーバの選び方
ホームページ作成ソフト
パソコン便利グッズ