ionCube対応レンタルサーバー

PHP高速化

PHPスクリプトをコンパイルすることで、高速化、ソース隠蔽を行います。

注意※ このページは、ある程度知識のあるかたを対象にしています。 サーバについて良く知らない方は初心者向けレンタルサーバの選び方をごらんください。

ionCubeとは

ionCubeとは、アシアル株式会社のソフトウェアで、PHPスクリプトをコンパイルしてバイトコードにします。

ソースコードをコンパイルすることで、実行速度向上だけでなく、暗号化によるソース保護、正規ユーザーのみにライセンス発行等が可能になります。

エンコードされたスクリプトを読み込むローダーが無料で配布されています。

ionCube対応サーバー一覧

2009年4月時点でionCube対応レンタルサーバーを紹介しています。

HDD標準2GBで月550円!レンタルサーバー@FIW
初期費用無料、年6,600円で、容量2G、CGI、PHP、Ruby、MySQLが利用できます。 ドメイン取得は汎用jpで3900円です。
チカッパ!レンタルサーバー
容量500MBで初期費用2,100円、月額525円から利用できるレンタルサーバーです。 Perl、PHPの他にRuby、Pythonが利用可能です。 MYSQL対応、phpMyAdminも使えます。 チカッパブログも用意されています。 無料試用期間15日あります。
エクスビット
初期費用5,250円、月額1,260円から利用可能です。 eAccelerator、Zend Optimizer 対応。 Cron、SSL が利用できます。

上記サーバーは、標準でionCube がご利用いただけます。


自分で設定することができるサーバーを以下で紹介します。

ブログのためのレンタルサーバー【ハッスルサーバー】
初期費用1,000円、年2,500円で、容量1GB、PHP5、SSI、IMAP、MySQLが利用できます。 MovableType(MTOS)自動インストールサービスを実施しています。 独自ドメインは対応していますが、取得代行サービスはないので、ドメインは別の会社で管理する必要が有ります。
さくらインターネット スタンダードプラン
初期費用1,000円、年間5000円で利用できるレンタルサーバです。 容量1000M、メールアドレスが(容量の範囲内で)無制限、独自CGI(Perl、PHP、Ruby)、SSI が利用できます。 ただしPHPはCGIモード(通常とは異なる)なので、スクリプト利用時には注意が必要です。 メーリングリストも運営できます。 メールはウイルスチェック機能付きで、IMAP または APOP による暗号化が利用できます。 独自ドメインもオプションで対応しています(年1,800円から)。 手軽にブログを使いたい方はさくらのブログが利用できます。 電話サポートがあるので、初心者でも安心して利用できます。
株式会社CPI
月額3,990円から利用できるサーバーです。 ディスク容量2.5GB、固定IPアドレス1個独占、SSL対応、 ショッピングカート設置可能と、商用に十分なスペックとなっています。 XOOPSやosCommerceなどがコントロールパネルからインストールできます。
新着記事
人気記事ベスト3
全てのホームページ製作者に
アフィリエイトで稼ぐ方法
サーチエンジン最適化
携帯サイトの作り方
レンタルサーバの選び方
ホームページ作成ソフト
パソコン便利グッズ