リンクテキストの重要性

リンクテキストは、ホームページへの投票です。

リンクテキストは、リンクタグで囲まれた部分(<a href>この部分</a>)のことですが、リンク先のホームページのキーワードにもなります。 ここに書かれているテキストがホームページのキーワードと一致していれば、Google上位表示に大きく貢献します。 ここでは、SEO の観点から、リンクテキストについて学びましょう。

リンクテキストのSEOにおける価値

リンクテキストは、SEOでは大きな意味があります。 というのも、リンクテキストは単にクリックしたらリンク先にジャンプするだけでは無いからです。 リンクテキストに書かれているテキストが、リンク先のホームページのキーワードとしてカウントされます。 仮にリンクテキストが「SEO」であったとすると、「SEO」がリンク先のホームページのキーワードになります。

わかりやすいのが Yahoo Japan の場合ですね。 Googleで「18才未満」で検索してみると、Yahoo Japan が一位になります。 ところが、Yahoo Japan のページには「18才未満」というテキストはありません。 にもかかわらず、一位になるのはどうしてでしょう。

これは、アダルトサイトには、年齢確認ページがあり、「18才未満」のほうはたいてい Yahoo Japan にリンクされているからです。 <a href="http://www.yahoo.co.jp">18才未満</a>というふうに書かれているので、「18才未満」がリンク先(Yahoo Japan)のキーワードと判定されます。 この結果、Yahoo Japan のページ自体には「18才未満」という語は無いのですが、多くのサイトから「18才未満」というリンクテキストを受けているので、一位に来るわけです。

リンクしてもらうときはテキストリンクに

リンクテキストがキーワードとしてカウントされるわけですから、リンクしてもらうなら当然テキストリンクが好ましいですね。 というのも、もし画像リンクだと、コンピュータは画像として判断します。 画像にテキストを入れることもできますが、文字が書いてあるバナーでも、書いてある文字を理解してはくれません。 このため、テキストリンクの方が効果が高くなります。

どうしてもバナーリンクが必要な場合は、<img>タグのalt 属性に必ずテキストを入れるようにしましょう。 こうしておけば、画像のみの場合よりも効果があると思われます。 なお、この alt 属性に関係の無いキーワードをやたらと挿入するのは、SEOスパムになりますので、決して行わないようにしましょう。

新着記事
人気記事ベスト3
全てのホームページ製作者に
アフィリエイトで稼ぐ方法
サーチエンジン最適化
携帯サイトの作り方
レンタルサーバの選び方
ホームページ作成ソフト