アクセス解析で訪問者を知る

訪問者はどこから来る?

アクセス解析は単に訪問者数を知るだけではありません。 アクセス解析を導入すると、訪問者がどこから来たのか、どのようなキーワードで検索されたのか、リピータがどれくらいいるか、ということがわかります。 訪問者のパターンを知り、ホームページ製作に有効に利用することで、常連客も増え、オンラインショップの売り上げも増えます。 本格的にホームページを作るなら、アクセス解析は必須です。

アクセス解析を利用しよう。

CGI が使えるサーバなら、アクセス解析をすぐに始められます。 詳しくは「CGI プログラムを使おう。」を参照してください。 アクセス解析を利用したことのない人は、とりあえずやってみましょう。 アクセス解析のメリットがわかるはずです。

検索エンジンからの訪問者は

どういうキーワードで検索したのでしょう。 作る側としては大変興味がありますね。 アクセス解析を導入すると、検索キーワードがわかります。 私のホームページなどは、検索エンジンからの訪問者が多いので、検索エンジンが玄関のようなものです。 自分のホームページの玄関を知っておくことは、アクセスアップには必要不可欠ですね。

アクセス解析をしてみるとわかりますが、いろいろなキーワードで検索されていることがわかりますよ。 私のホームページも、いろいろなキーワードで検索した人が来ています。 もちろん、「ホームページ製作」「見やすいホームページ」「QRコードの作り方」などで訪問する方が多いのですが、中には「アフィリエイトリスク」というのもありました。 ちょっと意外でした。

訪問者の傾向がつかめたら

こんなキーワードで来るんだあ、と感心しているだけではいけませんね。 まず、自分が目的としているキーワードと合っているかどうかを調べましょう。 合っている場合は問題ありません。 このままで良いでしょう。 合っていない場合は、キーワード選定に問題がある、と考えられます。

キーワード選定がまずい理由としては、前にも述べた、

あまりに一般的すぎるキーワード
多くのホームページがマッチするので、検索エンジンで上位表示されにくいです。
逆に一般に使われないキーワード
検索エンジンへ入力されないようなキーワードではダメです。

などの他にも、ホームページの目的と合っていないキーワード、という場合があります。 単にアクセス数を増やすためならそれでもいいかもしれませんが、ホームページ作成の目的は、ホームページを見てもらうこと、そしてオンラインショップなどで購入してもらうことですよね。 だとすれば、キーワードがずれているのでは、本当のアクセス増加、とはいえませんね。

キーワードの見直し

特にオンラインショップを経営していて、アクセス数は多いけど売り上げが伸びない場合は、要注意です。 訪問者は購入目的ではなく、ホームページに来ている可能性が高いです。 本来購入目的ではなかった人に買ってもらう、というのも大事ですが、もともと購入しよう、と思っている人を呼び寄せることが大事です。 そういう意図を持ってキーワードを決めましたか?

インターネットで何か買いたいという人は、たいてい価格を重視しますね。 アフターケア等が必要な人は実店舗で購入するでしょう。 そうすると、キーワードにも影響します。 例えば「格安」「お買得」などは、インターネットショップを探すときによく使われます。 そのようなキーワードで検索されようになると、売り上げがどんどん伸びますよ。 ただし、不当にサーチエンジン最適化をすると、検索エンジンから削除されてしまうので、気をつけましょう。

誤字が意外と多い

検索エンジンはプログラムで、検索するのは人間です。 人間はときに字を間違えますが、検索エンジンは人間の間違いを修正せず、馬鹿正直に検索してしまいます。 このため、あえて誤字で表記することでアクセスアップを狙う、という裏ワザ的な(邪道な)方法もあります。

例えば、イラクの首都は「バグダッド」が正しいのですが、「バクダッド」「バクダット」「バグダット」で検索すると、かなりの数がヒットします。 人間ならこれらは全部同じものであることがわかりますが、検索エンジンは全部別のものと判断します。 (最近の検索エンジンはよくある誤字については修正候補を出してくれるようです。)

違え方もだいたいパターンがあります。 同音異義語(たとえば、護身と誤審)の誤変換等が多いですね。 特に人名の場合、間違いが多く、 ATOKなどの漢字変換ソフトで最初の候補が多いです。 芸能人の名前など、人名で検索するのは、その人を良く知らない場合が多く、誤字で検索する頻度は他と比べると高いです。 ただし、あまりに誤字が多いと訪問者に信用されないので、ほどほどにしましょう。

アクセス解析ソフトおよびレンタルサーバーについては、アクセス解析でサーバー選びをごらんください。

新着記事
人気記事ベスト3
全てのホームページ製作者に
アフィリエイトで稼ぐ方法
サーチエンジン最適化
携帯サイトの作り方
レンタルサーバの選び方
ホームページ作成ソフト